103万130万の壁を知っていますか?

アルバイトをしている主婦の方達が、「103万の壁」「130万の壁」という内容の話で花を咲かしている事があります。

 

パートやアルバイトで稼いでいる主婦の人達皆が気を付けなければいけない、それが所得制限です。この所得制限を無視して働くと、結局損をしてしまう結果になり兼ねません。

 

勿論正社員でバリバリ働く人にとっては関係ない事ですが、とりあえず家庭と両立して働きたい人、専業主婦への優遇策の恩恵を得る範囲で働きたいと思う人。

 

そんな人達は是非この所得制限について勉強しましょう。

 

103万円の壁

例えパートでもアルバイトでも、一定の収入があると税金がかかります。所得税や住民税です。まず103万円の壁についてですが、所得税控除の壁とも言います。もしアルバイトなどで得た年収が103万円以上になると、その収入に対して所得税がかかります。

 

更にご主人の税金を考えた時、扶養している人の数で控除される額が変わります。

 

この配偶者控除が受けられる範囲は年収103万円未満です。もう1つ配偶者特別控除というものがあり、年収103万円以上141万円まで段階的に控除されます。
103万までは控除がフルに受けれるのです。主婦の収入のせいで所得税がかかってしまう・・それだけじゃなく、夫の配偶者控除や配偶者特別控除も適応されなくなる。

 

控除が無くなる分収入が減ってしまい、結果損をする事になるのです。

 

130万円の壁

次にもう1つ、130万円の壁についてですが、これは社会保険料控除の壁とも言われています。
主婦の年収が130万円を超えてしまった場合、夫の扶養から外れてしまうのです。
その為に、健康保険や年金保険といった社会保険料を自分で払わないといけなくなります。

 

 

妻の年収が130万円〜150万円の場合、所得税や社会保険などによって手取りが減るのは勿論、夫の税金も上がります。計算すると129万円の世帯より手取りで損をしてしまうのです。せっかく働いて損をするなんて、勿体ない話です。ここで注意ですが、あくまでも夫が社会人の場合です。

 

 

自営業者などの場合、妻も健康保険や国民年金に加入しているので年収130万円を超えても変わりません。
もう1つ、社会保険を支払うにあたってのメリットも存在します。厚生年金を納めていれば将来年金を貰う額が増え、健康保険に加入すれば、加入者しか適用されない出産手当などを受け取る事が可能です。

 

もしパートやアルバイトで年収を多くしようと思うのなら、主婦の年160万円以上が条件となります。年収160万円(月収13.3万円)を超えれば、社会保険料や税金等をふまえても稼げば稼いだほど手取りは多くなるので、働いた方が良いでしょう。

 

しかし子供が小さいうちはそうもいかないですし、夫の扶養内で働く人が多いのが実情です。どうしても損をしたくないのなら、所得税制限を考えながらしっかり計算して働きましょう。

 

所得制限内で働くなら日雇いがお勧め