日雇いの給与支払いの方法を知っておきましょう

通常のアルバイトと同じ位人気なのが日雇いバイト。

 

通常アルバイトの給料日は翌月払いが基本なのに対し、日雇いバイトの場合は給料の支払いが即日や翌日、翌週払いのケースが多いです。

 

すぐにお金が欲しい時に有り難い仕組みなので、日雇いバイトは人気は衰えを知りません。

 

先程記載した様に、日雇いバイトの給料の支払いパターンは数通りあります。

 

ここがチェックポイントで、日雇い=働いた後に現金でお金が貰えてそのまま終了!という流れが絶対ではないのです。

 

大した下調べをせずに応募して働き、給料の支払いが希望とは違うと企業側と揉める人、中にはいます。
が、下調べをせず応募した方に責任がある訳で、特に優遇はされないでしょう。

 

 

逆に恥ずかしい思いをするだけです。ここからは日雇いの給料支払いについて詳しく説明していきます。

 

色々ある給与支払い方法

まず「日雇い」の意味ですが、決められた日数だけ雇用する事を意味します。
急に人手が必要になったり繁盛期だけ人手が欲しい等の理由から、不定期で募集が行われる単発のアルバイトのことをいいます。

 

雇用側が定めた日数分働いたら、その後まとめて給料が貰えるケースもありますし、雇用が1日だけだった場合、その後に手渡しで貰える場合もあります。

 

同じく雇用が1日だけでも、雇用側が指定した日じゃないとお給料を貰えない場合もあるのです。もう1つ、給料の支払い方法も雇用側によって様々です。

 

【現場で貰えるパターン】

これは働いた後に直接現金で給料が貰えるという事です。日雇いで働く人の多くは、こちらの支払方法を望む場合が多いです。当日現金手渡しの場合は、アルバイト終了後に領収書を記載しなければいけません。その為に印鑑を携帯しておいて下さい。

【雇用側に直接取りに行くパターン】

支給日が決まっている場合が多く、例えば「月曜日か木曜日にお給料を取りに来て下さい」という規定に従って取りにいきます。大きな派遣会社だとこのようなケースが結構多く、沢山の人がお給料を貰いに来ていて自分の番がくるまで並ばなくてはいけない事もあります。なるべく早めの時間に行った方が無難です。

【銀行振り込みのパターン】

指定の口座にお給料を振り込んでもらえるシステムです。現金を持ち歩かなくて済みますし、お金が入ったという嬉しさから一気に使ってしまう悪循環を防ぐ事が出来ます。しかしメリットだけではなく、お給料の申請方法が様々で、せっかく働いても申請が間に合わずに、振込みが翌月になったという事も有り得ます。もう1つ、振込の場合は振り込み支給規定額というものが定められている場合があります。例えば、1日で10,000円分働いたとしても翌日に振り込まれる額の上限は5,000円まで、といった感じです。では残りの5,000円はどうなるのか?大抵はまとめて月末に振り込まれたり、翌月に振り込まれたりします。せっかく日雇いで働いたのに、金額がバラバラだと実感が湧かなくて嫌になる事もあります。

 

 

給料支払いでトラブルを起こさない為にも、魅力的な日雇いバイトがあった場合には給料の支払い方法について必ず確認しておきましょう。

 

 

アルバイト情報誌や情報サイトに載っている情報だけでは、把握しきれない事項があります。もしかしたら給料の支払い以外にも雇用側の指定があるかもしれません。
詳しく問い合わせる、又は説明会には足を運ぶ事が重要です。