バイトから正社員になれる職種って何がある?

いきなり正社員にはなれないけれど、アルバイトして経験を積み上げれば正社員になれる場合もあります。

 

これは全ての企業に言える事ではなく、アルバイトと正社員を元々分けて考えている企業もあります。

 

もしもアルバイトから正社員になりたいと思うのなら、正社員とアルバイトを同時募集している企業を狙うと良いです。

 

アルバイトで採用して、評価が上がれば正社員に登用しようという考え方をしているかもしれません。

 

もっと言うと、求人欄に「正社員登用制度あり」「正社員採用の途あり」との記載があれば可能性は高くなります。

 

どちらにしても面接時に「まずアルバイトで頑張らせて頂き、将来は正社員として働きたいという強い気持ちを抱いています」など、こちら側の意気込みをアピールする
べきです。面接の恰好もびしっと決める事が基本です。

 

 

あくまでアルバイトとしての面接ですが、正社員採用の面接に臨んでいる位の気持ちで自分をアピールしましょう。

 

採用されたら、とにかく真面目に働く事です。大きな成果を挙げる事も正社員登用のチャンスですが、地道にコツコツ積み重ねる事が大切です。
欠席や遅刻、やる気のない態度ばかりだと、正社員どころかアルバイト事態もクビになり兼ねません。

 

 

努力を惜しまず頑張るあなたを見てくれている人は、社内にきっといる筈ですから。

 

求人サイトを要チェックすることが重要

上記で述べた様に、アルバイトから正社員へなりたいのなら、求人サイトや求人情報をチェックする事が重要です。その中で「正社員登用制度あり」といった記載があるか、1つずつ見ていきましょう。求人サイトだと「正社員登用制度あり」という項目が用意されている場合が多いので、そこをポチっとするだけで色んな職種の募集が観覧できます。その後は地域やお給料などを見比べて、より条件の良い求人を選択すれば良いのです。

 

ここからは、一般にアルバイトから正社員に昇格しやすい職種を挙げていきます。例外もありますがご了承下さい。

 

【カラオケ店やガソリンスタンド】

人手不足が1番の原因。正社員になった途端に店長にされ、大変な思いをする事もある。しかし接客が好きなら正社員への道は近いかも。

 

【飲食業界】

飲食業界の世界は常にアルバイトで溢れているし、その入れ替わりも激しい。そんな中で長期労働できれば、そのまま正社員として働いて欲しいと声が掛かる事がある。

 

【警備員】

やはり人手不足が原因。もしも経験済みで能力があれば、すぐにでも正社員としてスカウトされ兼ねない。一方で昼夜問わずの仕事なので、いざ正社員になったら残酷なシフト体系になったとの話もある。まずアルバイトの段階で、先輩社員にリサーチすると良いかも。

 

他にも、携帯ショップやアパレル関係、肉体労働系も正社員への道が開き易いです。アルバイトとして働いている人が沢山いる職種を選ぶのも、1つの方法だと思います。